メインメニュー

メインメニューここまで

現在位置:HOME > 法人のお知らせ

お知らせ

カテゴリー

最近のお知らせ

日付アーカイブ

このページの本文

新年度のあいさつ (2017-4-1)

新年度のあいさつ

 南に霊峰岩木山、西に津軽平野の母なる川岩木川、東に野鳥の楽園鳥谷川、北にはやまと蜆の宝庫十三湖に囲まれた津軽平野の田園地帯に身体障がい者療護施設内潟療護園が開設して36年目の春を迎えることができました。ご利用者の皆さん、ご家族の皆さん、地域の皆さんの温かい励ましとご指導ご支援に深く感謝申し上げます。

平成29年度は中泊町のご指導を受け、地域密着型特別養護老人ホームきりん館を開設することができました。

 「住み慣れた地域で馴染みの人たちと楽しく笑顔で毎日をくらす」きりん館は入所定員29名、ショートスティ定員5名です。職員は、「ゆっくり、にっこり、おおらかに」心からの介護と心からの笑顔で支援いたします。

 「一人ひとりが人として豊かに」の理念もと「障がい者支援施設内潟療護園」「障がい者支援施第二うちがた」、「ケアホームうるしかわ」「障がい者福祉ホームきりん館」の入所施設。「内潟療護園デイサービスセンター」「多機能型ひだまり工房」「多機能型うちがた工房」の通所施設。「内潟療護園ホームヘルプセンター」「内潟療護園相談センター」「しあわせセンターうるしかわ」の在宅福祉サービスの全職員は、社会福祉法人内潟療護園で共に仕事をすることの幸せと社会福祉法人内潟療護園の職員であることに誇りを持ち、ご利用者さん、ご家族の皆さん、地域の皆さんの一人ひとりの幸せを願い支援してまいります。

 ご利用者の皆さん、ご家族の皆さん、地域の皆さんと職員全員が健康でよい1年を過ごされますようお祈り申し上げます。

平成29年4月1日

社会福祉法人 内潟療護園

理事長 野上 一幸

社会福祉法人 内潟療護園 の決算報告をお知らせします (2016-11-10)

社会福祉法人内潟療護園 決算報告

平成27年度決算書、財産目録、平成28年4月現況報告を更新いたしました。

『新年度のあいさつ』 (2016-4-14)

新年度のあいさつ

 社会福祉法人内潟療護園は、本年4月、開設35年を迎えることができました。

利用者の皆さん、ご家族の皆さん、地域の方々、ボランテイアの方々の温かいご指導とご支援、何事にも一生懸命の職員に支えられて35年目を迎えることが出来ました。深く感謝申し上げます。

 1981年内潟療護園開設時の趣旨は、過疎の地域福祉活性化を目指し、北国の民間施設だけにみられる個性的な、施設拠点型の在宅福祉サービスの拠点作りにありました。

 開設35年目にあたる平成28年度は、地域福祉部に地域福祉推進担当職員を配置し、開設時の趣旨である在宅福祉サービスのより一層の充実を図りたいと考えています。

 「一人ひとりが人として豊かに」の理念のもとに

 利用者の皆様、ご家族の皆様、地域の皆様に今まで以上の安心できるサービスを提供したいと思います。

 社会福祉法人内潟療護園の基本方針は、

  1. 津軽地域の福祉の拠点を目指す。
  2. 一人ひとりの権利を尊重する。
  3. ニーズに対応した地域貢献を実施する。

 新年度から4番目として、「職員の幸せと誇りのある介護集団を目指す。」を加えました。

 一人ひとりの職員が

   将来性のある職場、

   誇りの持てる職場、

   夢が持て、安心して働ける職場、

   共に考え、悩み、学び、育ち、幸せをつかんでいく職場、

   働くことを通じて生きがいと、豊かな人間形成のはかれる職場。

 全職員が社会福祉法人内潟療護園で共に仕事をすることに幸せと誇りのある職場づくりを目指していきます。

 今年度も利用者の皆さん、ご家族の皆さん、地域の皆さん、ボランティアの皆さん、職員全員が健康で良い一年を過ごされますことをお祈り申し上げ、年度始めのあいさつといたします。 

平成28年4月1日

社会福祉法人 内潟療護園

理事長 野 上 一 幸

※送り仮名を使った文書はこちらをクリックすると、ご覧いただけます

平成27年度家族の会研修会が行われました。 (2015-11-25)

11月21日(土)家族の会年間行事の一環として、「家族の会研修会」が弘前市アソベ

の森いわき荘で行われました。

研修テーマは、今話題の「マイナンバー制度の基本」を取り上げ、五所川原サポート

オフィス特別社会労務士の桧川 智先生を講師に招き、約1時間マイナンバー制度

の基本を学びました

オンブズマン委員会報告 (2015-11-21)

社会福祉法人内潟療護園のオンブズマン委員会からの報告ページです。

当法人では、各事業所での報告内容の掲示及びホームページへの掲載を行っております。一度ご覧ください。

平成26年度3期~平成27年度1期

平成24年度~平成26年度2期までの報告

『障がい者支援施設内潟療護園』竣工のごあいさつ (2014-4-26)

『障がい者支援施設内潟療護園』竣工のごあいさつ 

 この度『社会福祉法人内潟療護園 障がい者支援施設内潟療護園』の竣工を迎えることができました。

  中泊町のご協力により高台にあり子供たちの学び舎であった旧大沢内小学校跡地に移転することができましたこと、また地域の皆さまの障がい者支援に対する温かいご理解があってのことと深く感謝申し上げます。

  障がいのある人たちが安心して穏やかな日常生活をおくられる場所を提供させていただくことこそ、社会福祉法人内潟療護園の存立の基でございます。

 当施設の特徴は、医療と介護を一体化させて、利用者の皆様そしてご家族の皆様に安心していただくことでございます。

  障害者総合支援法の理念に基づいて、更なる福祉の増進を目指しまして、皆様のご期待に添えるよう、愛されて信頼される施設作りに取り組んでまいりますので、今後とも変わらぬご指導、ご鞭撻賜りますよう宜しくお願い致します。

平成26年4月吉日

社会福祉法人 内潟療護園

理事長  野上 一幸

このページの上へ