メインメニュー

メインメニューここまで

現在位置:HOME > 障がい者支援施設 第二うちがた

このページの本文

障がい者支援施設  第二うちがた

その人らしく、ゆたかな生活の場

身体障害者療護施設 第二うちがた

障がい者支援施設「第二うちがた」は、いろいろな事情によって家庭では介護を十分に受けることが困難な人が生活をしている施設です。

第二うちがたは、平成16年12月10日五所川原市漆川の住宅地で、地域福祉と風通しのよい施設を目指して開設しました。一人ひとりの可能性を見出し、自分らしい生活をしていくための生活の場となっています。

現在の入所の定員は、30名(現員31名)、短期入所の定員は9名です。個室が38部屋、二人部屋が1部屋となっています。各居室は15.5㎡で、洗面台、トイレ(二人部屋居室を除く)、リモコン付き照明が完備されています。家具はそれぞれが好みのものを購入していただき、より自分らしいお部屋にすることができます。

このページの上へ

ご利用の方法と対象者

ご利用は、原則として介護給付費等の支給決定を受けた方が対象となります。ご利用を希望するときは、居住地の市町村へご相談されるか、当施設までご連絡ください。

連絡先
電話 0173-38-3491
ファックス0173-38-3498
メールアドレス uchiryo2@jomon.ne.jp

このページの上へ

サービスの概要

1.介護給付費の対象となるサービスと料金

以下のサービスについては、 食費・光熱水費を除き9割が介護給付費等の対象となります。当施設が介護給付等を代理受領する場合には、個別減免等が適用されないとき、サービス利用料金の1割の額が利用者負担額となります。(定率負担)。しかし、前年度の収入等によって、減免制度が適用されますので、ほとんどの利用者は年金受給者であれば、受給している年金の範囲内での負担となります。また、生活保護世帯の場合は、本人負担はありません。

《生活介護》

(1)日常生活の支援

項    目 内      容
食    事 栄養士の管理の下で、利用者の身体状況や嗜好に配慮した食事を適温で提供します。朝食はご飯食とパン食から選んでいただき、選択食や昼食バイキングを毎週実施しています。
また、食事はできるだけ離床してホールで食べていただけるように支援します。
食事提供時間
朝食  7:30~ 8:30
昼食 12:00~13:00
夕食 18:00~19:00
排    泄 プライバシーに配慮し、利用者の心身の能力に応じた排泄援助を行います。
入    浴 週3回の入浴を行います。入浴が困難な場合には清拭を行うなど、適切な方法で清潔の保持に努めます。
着 脱 衣 季節や生活に合わせて、また、利用者の心身の状況に応じた支援をします。
整    容 本人の希望に沿い、身だしなみに配慮し、清潔の保持を心がけます。
洗   濯 洗濯は業者への委託となっています。しかし、ご自分で洗濯を出来る設備も整えております。また、業者委託のできない衣料や個人の毛布等は有料(実費)にてクリーニング業者を利用していただきます。

(2)医療及び健康管理

健康管理

医師と看護職員等により、利用者の健康管理に努め、服薬、通院治療などを支援します。

(3)社会的活動の支援等

項   目 内        容
個別支援計画 利用者やご家族一人ひとりの意向を尊重しながら、ニーズに適した個別支援計画を一緒に作成し、目標を達成できるように支援していきます。
機能訓練 理学療法士の指導の下、訓練担当者が利用者の希望に沿って機能訓練を行い、心身機能の向上、または、低下を防止するよう努めます。なお、上田療法を積極的に実施しています。その他、車椅子や自助具のコーディネートを行います。
申請代行
相談支援
いろいろな手続きの申請や代行をします。また、利用者及びご家族からの相談には、常に誠意をもって応じます。地域での自立生活を希望する場合、他の機関と連携し準備の支援を行ないます。
外出や行事の支援 施設での生活が豊かになるために、できる限り利用者の希望に応じた、外出や行事を支援します。
自治会活動 利用者の生活環境の向上と、利用者同士の親睦や職員との信頼関係を深めるために行っている利用者主体の会です。職員は必要に応じて、支援を行います。

《短期入所》

家族の病気や農繁期、旅行や冠婚葬祭などで一時的に自宅で介護ができなくなったとき、施設を利用していただくサービスです。〔利用定員9名〕

短期入所で利用していただく居室は、個室(15.5㎡)7部屋、二人部屋(33.1㎡)1部屋となっており、トイレ、洗面台、リモコン付照明、タンス、テレビ等を備えてあります。

《日中一時支援》

障害者または障害児に対して、日中における活動の場を提供し、見守りや日常的な訓練を行います。サービスに利用にあたっては、あらかじめ市町村より支給を受けていることが必要です。

2.介護給付費等の対象外サービスと料金

下記のサービスについては、介護給付費の給付対象とならないため、サービスの提供をご希望される場合には、実費または所定の料金をお支払い頂きます。

1.個人の嗜好や特別なサービスの提供とこれに伴う費用。
2.介護給付費から支給されない日常生活上の諸費用。
3.預り金の管理費用。(別途契約を締結します)

3.ご利用時に持ってくるもの

障害福祉サービス受給者証(必ず)
身体障害者手帳(必ず)
健康保険証(お持ちの方)
年金証書(お持ちの方)
重度心身障害者医療費受給者証(交付されている方)
洗面具など身の回りの日常品、上履き、衣類(必ず)
その他ご本人が必要とするもの

4.職員の配置状況(入所及び短期入所)

看護職及び介護職の職員の員数は、時間帯や曜日、業務の内容よって違いがあります。

介護の職員の配置人数

職   種 常勤換算 常 勤 非常勤 備   考
施設長(管理者) 1名 1名 社会福祉士・介護福祉士
医   師 嘱託3名 内科・整形外科・精神科
看 護 職 3名 3名
生活支援員 1名 1名 介護福祉士
理学療法士 嘱託1名
介 護 職 18.5名 17名 5名 介護福祉士15名
栄 養 士 1名 1名
調 理 員 5名 5名 調理師5名

介護の職員の配置人数

時  間  帯 職 員 の 体 制
7:30~8:30

5人体制

8:30~17:00

7人~10人体制

17:00~19:00

4人体制

19:00~ 7:00

2人体制

看護職の配置人数

時  間  帯 職 員 の 体 制
7:30~19:00

1人~3人体制

19:00~ 7:30

自宅待機

職員の資格者数

配置職員数 人 数
社会福祉士 3名
介護福祉士 15名
介護支援専門員 7名
社会福祉主事 6名
ホームヘルパー 8名
看護師 4名
栄養士/th>1名
保育士 9名
調理師 5名
上田法治療認定 1名
このページの上へ

一日の流れ

5時
6時 起床
7時 朝食
8時
9時 入浴・訓練・余暇
10時 水分
11時
12時 昼食
火曜日~選択食
木曜日~バイキング
13時
14時 入浴・訓練・余暇
15時 水分・(土曜日内科回診)
16時
17時
18時 夕食
19時
20時
21時 消灯

朝7時30分から朝食となっております。そのあと、歯磨きなど身の回りの整容などを行い、朝が始まります。お風呂は、週3回となっており、男女交互(午前が男子入浴なら、午後は女子入浴)になっています。

12時から昼食となり、毎週火曜日は選択食、木曜日はバイキング食を提供です。できるだけみんなで楽しくホールで食べています。温冷配膳車の導入で温かいものは温かく、冷たいものは冷たく食べていただくことができます。

少し休んでいただき、午後も自分なりの生活をしていただきます。夕食は18時からで、体調に問題がなければ、お酒を飲まれる方もいらっしゃいます。夕食後もそれぞれ過ごしていただき、21時消灯です。個室なので好きなテレビを見たりしている方もいらっしゃいます。

このページの上へ

オンブズマン制度

利用者とその家族、またはボランティアから、施設や職員についての苦情・意見・要望をオンブズマンが受け止めます。施設ではそれを尊重し、誠実に改善・実行します。⇒オンブズマン委員会のページへ

このページの上へ

年間行事

行事名 場所・概要
4月 買物外出 五所川原市内
5月 「桜まつり」(内潟療護園合同)
買物外出
芦野公園
五所川原市内
6月 買物外出
「奥津軽虫と火祭り」運行参加
五所川原市内
漆川町内会に参加
7月 旅行(希望者)
8月 立佞武多参加・見学 五所川原市内
9月 旅行(希望者)
釣り外出
鰺ヶ沢町七里長浜港
10月 ドライブ外出
買物外出
五所川原市内
11月 買物外出
「ふれあい作品展」見学
買物外出
ジャスコ柏店
ジャスコ柏店
五所川原市内
12月 クリスマス会
餅つき
園内
園内
2月 節分 園内
このページの上へ

レク活動

今月のレク活動は…

このページの上へ

お問い合わせ・アクセス

マップ

《住 所》

〒037-0017
五所川原市大字漆川字浅井124-1
TEL 0173-38-3491
FAX 0173-38-3498
メールアドレス uchiryo2@jomon.ne.jp

 

 

 

大きな地図をこちらです。

このページの上へ